2007年09月13日

『あずみ2』

主演・上戸彩の太ももだけが見所と評価された「あずみ」の続編。しかも”DEATH or LOVE”なんてサブタイトルまでついてまるでキルビルじゃねーか。残念ながら今回も上戸のより女らしくなった太ももしか見るところはない。断言する、「太もも」しか「ない!」。監督が狂人・北村龍平から、ガメラ・金子修介に代わってクオリティのUPが期待されたが、ままならず、無残な出来となった。

何だこれは。何をどうしたいのだ。北村の狂気が抜けて、なんとも生ぬるい。ホントにこんなのを公開してただで済むと思っているのか山本又一朗。野暮ったいことこの上ないのは伝統的な東宝作品らしくはある。未だに砕石場の跡で撮影をしたり、CGの使い方が昭和50年代と遜色なかったり、質の悪いエキストラを大量に投入したり、突っ込みどころは満載だ。しかも仲間が死ぬと号泣する忍者たちってどうよ。敵も味方も戦う動機がそんなんでいいのってかんじで全然大した事ない。ちょうどいいから小島よしおにネタにしてもらえ。そのほうが面白い。いつの時代の映画つくりをやっているのか。殺陣をこんなに迫力なく撮るのもかなりの苦労がいるはずだ。○○レンジャーのほうがよっぽど面白い。

金子監督もガメラ以前にみせた切れ味がすっかりなくなって凡庸な人になった。ゴジラを撮らさたのがダメージ大きかったんだろう。船頭が多い作品なんてやるもんじゃないよ。きっとあれこれ出てくる製作陣からの要求を全て飲んでしまったのだろうね。監督を使い潰すのに東宝に勝るところはないよ。そして演技陣。ハリウッドがいいとは必ずしも言わないけれど、今の時代、ハリウッドスターでさえも肉体改造して、自分でアクションをこなすというのに、上戸や若手のアクションを見ていると日本の将来が思いやられる。動けねーし、喋れねーし、なんだおまえら。楽な仕事ばっかりしてるからだ。基礎を勉強しろ基礎を。おまえら映画好きなんだろ?  ……。 あー、好きじゃないのか。だからなんだ。
posted by Licky at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。