2007年09月08日

『アラモ』

アメリカ万歳を謳う悪質なプロパガンダ映画。
かつてアメリカが経験してきた自称”国難”を美化美化しく描く。

なんかアメリカ人の、というかアングロサクソン、キリスト教のもつ排他的な姿勢や、潜在的に持っている偏見が見えてとてもやな感じ。それは例えば、言葉には出ないけれども、”自分達は絶対正義!”とか”敵は殺してもよい!”というの。
敵(メキシコ)の指揮官が典型的な暗愚な将軍だったり、全滅するはずのアメリカ軍のほうが強かったり、メキシコ人が愚かで野蛮に描かれていたり、そもそもこの事件に発展する原因であるアメリカによるテキサスへの侵略に触れていなかったり、辟易ポイントを数え上げればきりがない。

かの国は被害試写意識で愛国心をあおり一致団結する傾向は今も昔も変わらないなぁということを学習させてくれる。そういう意味では価値ある映画。逆説的だけどね。

でも、まあいい。映画として面白ければ文句はない。
要はつまんないのだよ。
posted by Licky at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『リディック』

壮大なスケールで送るギャラクティック・サーガ。

なのだが、正直いつまでこういう映画を作りつづけるのか疑問。

脳みそまで筋肉に見えて、実は結構知性派と言われるヴィン・ディーゼルが吼えて暴れて(本人は)ストレス大発散で満足間違いなし。彼自身の印象はとてもいい。ルックスと声は存在感たっぷりで、逆に言うとアクション以外は当分無理そうな感じ。
映画自体は予算の規模と映像のスケールは確かに超大作を名乗る資格があるんだろう。何も考えなければ豪華なんだけど、比べて内容がお粗末なのは一目瞭然。かなりイタイ、というのが本音。なんだそのオチは! はずした。。。

といっても、ヒロイン”キーラ”のアレクサ・ダヴァロスが綺麗でよかったから許すとしよう。これがデビュー作らしい。
posted by Licky at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。